更年期の痛い指や手の関節痛が楽になる方法は?

関節痛

更年期障害を発症してしまうとそれと共に関節の痛みを伴うことがあります。

この関節痛は男性女性に起こる更年期障害の共通点となっておりその原因は筋肉や軟骨の衰えまたは血行不良が考えられます。もちろんどこの関節が痛くなるのかは個人差がありますが場合によってはその痛みが手に出ることもあるようです。

その症状が進行すると関節リウマチと似た症状が表れ指が強張ったり腫れてしまったり変形してしまうこともあるとされています。

スポンサーリンク

関節痛の原因と対処方法について

関節痛

こんな症状が起こってしまうのかというと関節にクッションとして存在している軟骨がすり減ってしまうことが原因として考えられています。何分手というと日常で使う機会も非常に多い部分ですのでなるべくであれば早めに対処しておきたいところだと言えるでしょう。

関節痛

【対処方法について】
では肝心のその対処法となりますが症状が起こってから数年程にて自然に治癒すると言われています。

ですが関節が一度変形してしまうとこちらの場合は治ることがありません。ですので発症してしまったと同時に対処することが重要となってきます。痛みの対処としては軟膏やテーピングが有効となりますが変形をなるべく抑えるには血行の良い状態、例えばお風呂などで指の運動をするとよいそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする