【膝の痛み】 内側の腫れを治すマッサージのやり方は?

膝の内側の痛み

膝の痛みでよくあるのが、内側の腫れです。これらを治すには、マッサージが良いとされています。ここでは、膝の内側の腫れや痛みを治すマッサージについてご紹介!ぜひ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

膝の内側の痛みや腫れについて

膝の痛み

膝の内側を痛める原因として多いのが【ランニング】です。走るときのフォームが悪いと、膝の内側に負担がかかり 走っていない時でも膝が痛むようになります。

マッサージで膝痛を解消する時は、膝痛の場所、痛み具合、状況をよく把握してからすることです。それによってアプローチの方法が変わるからです。膝痛マッサージをする時は、まず現状を把握しましょう。痛みが激しい時はすぐに専門医に診てもらう必要がありますが、それほど強くない場合は、マッサージで対処できます。

膝の痛みのマッサージの注意点は?

膝の痛み

膝の痛みがあって、内側や腫れを治すためにマッサージする時は、膝だけをマッサージしてもダメです。痛いところだけを集中的に刺激しても効果はありません。脚全体をマッサージすることです。痛みを緩和するには、痛いところを中心にしながら、上下、左右全ての筋肉を揉みほぐすようにします。

脚は筋肉を通じて上半分と下半分がつながっているので、部位が特定できたら、痛みの部分につながる筋肉を全体的に丹念にマッサージしていきます。そして筋肉だけでなく、骨も意識して揉むようにします。揉みほぐす時は、痛くはないけどガマンできると感じるくらいの強さがちょうど良いですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする