【足の捻挫】 腫れがひかない原因は? テーピングでの処置について

足の腫れがひかない

足の捻挫で腫れがひかないときは、とにかく冷やすことが重要になるでしょう。動かさないように、安静にするのも大変重要なことです。そして、長時間冷やして安静にしていても腫れが引かない場合は、病院を受診してください。

スポンサーリンク

腫れがひかない原因は?

テーピングのやり方

捻挫は靭帯を損傷している怪我のことなので、重度の場合は靭帯を切ってしまっていることが考えられます。また、痛みと腫れが激しい場合、症状を判別しにくいため、場合によっては骨折していることもあります。よって、あまりにも尋常ではないと感じたら、病院へ行くことも重要な処置のひとつでしょう。

テーピングの仕方について

⇒ テーピングの仕方を紹介!【動画】


通常の捻挫であれば、数週間で症状は改善します。その後、動かすのであれば、テーピング処置をして動かすようにすると良いでしょう。
テーピングとは、関節などに太いテープを巻いて固定することです。テレビでスポーツ中継を観ていると、選手がテーピングをしていることがあるでしょう。テーピングをしている箇所は、その選手が違和感を感じていたり、怪我をしていたりしている場所です。

テーピングをすると関節や筋肉が安定するため、動きやすくなります。また、捻挫をした足を補強してくれるので、テーピング処置は覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする